• カテゴリ 英日翻訳Tips の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

今日から使える和訳の極意 - Tip 22: 「は」と「が」は正しく使い分ける

Tip 22: 「は」と「が」は正しく使い分ける

カテゴリ : 
英日翻訳Tips
執筆 : 
ellersley 2013-4-5 17:10

一部の受講生の答案に、「は」と「が」が正しく使い分けられていないケースが見られます。

 

 

【例文1】

It is difficult to predict accurately the extent of long-term problems in the first weeks following traumatic brain injury.

 

【訳文1】

(△) 外傷性脳損傷を受けてから最初の数週間は、長期的障害の範囲を予測すること困難である。

 

上の例のように、「が」を使うべき箇所でも「は」を使ってしまうケースが典型例です。【訳文1】はやはり、次のようにすべきです。

 

【訳文1】の改善例

(○) 「外傷性脳損傷を受けてから最初の数週間は、長期的障害の範囲を予測すること困難である。」

 

生まれも育ちも日本という人であれば、話すときに「は」と「が」を間違えることはなく、無意識に区別して使うことができますが、いざ翻訳となると、なぜか間違えてしまったり、頭を抱え込んでしまったりすることがあります。その原因は、訳者が当事者でない分、翻訳対象文は話すときに比べて状況や文脈を把握しにくいことと、話し言葉よりも書き言葉の方が長いことの2点であろうと思われます。

 

「は」および「が」という2つの助詞は用法が意外に多いため、説明は簡単ではありませんが、代表的な使い分け方をできる範囲で説明してみます。

 

状況説明の「が」、主題提示の「は」

 

【例文2】

On 28 February 2001, a strong earthquake occurred in the State of Washington, U.S.. The quake was the most powerful to strike this region since 1949.

 

【訳文2】

2001年2月28日に、米国ワシントン州で大きな地震が発生した。この地震は、当地にとって1949年以来の大地震だった。 

 

最初の文では、「地震が発生した」という状況を説明しています。このような文脈では「が」を使います。後半の文では、「その地震」が話のテーマとして提示されています。このような文脈では「は」を使います。

 

英語では、冠詞の a が概ね「が」に相当し、the が概ね「は」に相当します。

 

さらに付け加えると、初出の名詞を「が」で言及するときには、文頭でいきなり述べるのではなく、周辺情報や背景情報を述べた上で「...が」と言及します。

 

【例文3】

Once upon a time, there lived an old man and an old woman in a certain place. One day the man went collecting firewood in the mountain, while the woman went washing in the river.

 

【訳文3】

昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。

 

いきなり「おじいさんとおばあさんが...」と書き始めると唐突でびっくしりますね。やはり、「昔々」とか、「あるところに」といった周辺情報を述べた上で、「おじいさんとおばあさんが」と始めるのが自然です。

 

2文目のThe man とか the woman が「は」で言及されているのは上記説明のとおりで、「は」がともに主題提示という機能を果たしています。

 

「は」で言及された文節は、必ずしも主語になるとは限りません。【訳文1】の改善例を改めて見てみましょう。

 

「外傷性脳損傷を受けてから最初の数週間、長期的障害の範囲を予測することが困難である。」

 

文法的な主語はあくまでも「長期的障害の範囲を予測すること」であり、「最初の数週間」でないのは自明です。主題提示の「は」は、名詞以外の品詞にも使えるということです。

 

「は」と「が」の用法については、大野晋著「日本語練習帳」に詳しく、かつ分かりやすく記載されています。翻訳者なら是非とも一読しておきたい1冊です。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1642)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://aoc-translation.lomo.jp/modules/d3blog3/tb.php/24
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。