今日から使える和訳の極意 - Tip 8: 「より」を乱用しない

Tip 8: 「より」を乱用しない

カテゴリ : 
英日翻訳Tips
執筆 : 
ellersley 2012-5-1 16:50

「より」という言葉には、2通りの用法があります。

 

 

例1: 円周率は3.14より大きい。(比較)

例2: 円周率は円周を直径で割ることにより求めることができる。(手段)

 

そのため、翻訳時には注意が必要で、特に助詞の「に」に接続する場合は要注意です。「比較」なのか「手段」なのか、読み手が迷うからです。

 

例3:

SSIが埋め込まれたHTMLファイルにアクセスすると、サーバにより大きな負荷がかかります。

 

解釈1: 「サーバにより」(ユーザーに)大きな負荷がかかります。

解釈2: サーバに「より大きな」負荷がかかります。

 

コンピュータに詳しい人から見れば、解釈2が正解であることは瞭然ですが、そうでない人には分かりにくいでしょう。

 

翻訳実務においては、比較級を訳す際に、このような曖昧な文が生成されやすいようです。

 

ちなみに、上記訳例の原文は次のような感じになるでしょう。

 

Accessing an SSI-embedded HTML file places heavier burden on the server.

 

訳す本人は原文を見ているので、「解釈2」しか思い浮かびません。そこが盲点です。

 

この問題を避けるには、次のような方策が有効です。

 

1) 比較級を短絡的に「より...」と訳さない

 

比較対象を明示して、「以前より」とか「これまでより」といった形に持って行っても良いし、文脈によっては「より」を明示しなくても良いでしょう。

 

例3A:

SSIが埋め込まれたHTMLファイルにアクセスすると、サーバに大きな負荷がかかります。

 

2) 語順を変える

 

例3B:

SSIが埋め込まれたHTMLファイルにアクセスすると、より大きな負荷がサーバにかかります。

 

3) 訳文の中で比較級を述語として扱う

 

例3C:

SSIが埋め込まれたHTMLファイルにアクセスすると、サーバにかかる負荷が増大します

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://aoc-translation.lomo.jp/modules/d3blog3/tb.php/10
参照元
コーチ レガシー レザー2015-11-4 8:02
ーチ" target="_blank">http://aboutchicagolimo.com/qlDBAKBHUZ0トリーバーチ アウトレット 長財ð......more
コーチ レガシー レザー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。