ニュース + ブログ - グルメカテゴリのエントリ

不思議な魅力のあるドーナツ屋

カテゴリ : 
グルメ
執筆 : 
ellersley 2011-10-6 17:05

意味深なタイトルにしてしまいましたが、ミスタードーナツのことです。私は特にドーナツが好きというわけではなく、ミスタードーナツが特別に美味しいとも感じませんが、でもなぜかときどき、無性に食べたくなります。

 

ミスタードーナツは、ダスキンという会社が運営しています。ご存知の通り、ダスキンは清掃会社です。モップやホウキをレンタルしていて、キッチンやエアコンの掃除をするサービスを提供しています。

 

1つの企業が複数の業種で事業を展開すること自体は別に珍しいことではありません。しかし普通は、本業と関係の深い業種で新規事業に乗り出すのが常識です。

 

たとえば新日鉄は、誰もが知る製鉄会社ですが、新日鉄ソリューションズという情報システムの構築・運営会社も持っています。製鉄と情報システムというのは一見無関係に思えますが、実は密接な関係があります。現在の製鉄プロセスは、高度なシステム制御を要するため、必然的に制御技術が蓄積されるのです。

 

清掃事業とドーナツ店。一見無関係に思えるこの両業態も、実はダスキンならでは水平展開です。自社開発のモップの威力がドーナツ店で力を発揮するのです。その威力を存分に発揮できる環境としては、やはり焼き肉屋やカラオケやよりも、床が粉だらけになるドーナツ店の方が適しているのでしょう。そこで採取したデータを基に、主力製品のモップがさらに改良されます。素晴らしい水平展開です。高炉を精密に制御する過程で培ったシステム制御技術を基に水平展開を行っている新日鉄ソリューションズのケースに何ら引けをとりません。

 

私の住む町には、残念なことにミスタードーナツがありません。ないのですが、ドーナツ100円セールの新聞織り込みチラシはなぜか頻繁に入ってきます。そのセールの恩恵に与かるには、自転車で20分ほどかかる隣町の店舗まで行かなくてはなりません。しかしこの世に、ドーナツを食べるためだけに往復40分も自転車を漕ぐ人はいないでしょう。かくして私は往々にして、チラシを見ながら、「食べたいなぁ」と思うだけで終わります。

 

2、3年前にダスキンがモスバーガーと提携したとき、私は「なるほど」と唸らずにはいられませんでした。モスバーガーは、その業態ゆえ、ランチタイムが終わると客足がパッタリと止まってしまいます。早朝と昼下がりにドーナツを売れば、出勤前のOLや学校帰りの高校生がやって来るので、店舗はアイドルタイムがなくなり、効率よく売り上げを伸ばすことができます。一方ミスタードーナツにとっても、ランチメニューはどうも中途半端で、ドーナツ屋なのに肉まんやタンタン麺を売っていて、誰の目にも迷走は明らかです。昼にハンバーガーを売れば、ランチタイムの客単価は倍増します。

 

私は近くのモスバーガーがドーナツを売り始めるのを心待ちにしていましたが、一向に売る気配がありません。その一方で、「ドーナツバーガー」とか「ポテド」といった、これまた中途半端な商品を出し、一瞬だけ話題になって早々と終息してしまいました。

 

2つのものを1つにするというアイデアは、一見便利で魅力的に映りますが、そのほとんどは短命に終わります。テレビとビデオを一体化した「テレビデオ」、携帯電話とPHSを一体化した「ドッチーモ」、寿司と焼き肉が食べられるバイキング形態のレストラン... 当事者としては「良いとこ取り」をしたつもりでも、消費者には中途半端と映ってしまうというのが世の常です。iPhoneを始めとするスマートフォンは、「パソコンと携帯電話」の融合体ですが、「スマート」とネーミングした上、直接画面に触れて操作するという新しいユーザーエクスペリエンスを提案したから成功したことを忘れてはなりません。持っているだけで、垢抜けていて洗練された聡明な人間になれるような錯覚を抱かずにいられないのです。もし「スマートフォン」が、「ケーコン」とか「パソフォン」とかいう名前だったなら、これほどのヒット商品にならなかったでしょう。さすがのミスタードーナツと言えども、このアイデアは少々浮薄でした。

 

話が逸れてしまいました。ミスタードーナツに戻りましょう。ミスタードーナツを運営するダスキン社の業績と株価をちょっと見てみたいと思います。2011年3月決算時のデータです。

 

総資産 純資産 資本剰余金 一株純資産  
(百万円) (百万円) (百万円) (円)  
185,086 131,190 - 2,009  
         
株主資本比率 短期借入金 長期借入金    
(%) (百万円) (百万円)    
70.9 0 0    
         
売上高 営業利益 経常利益 純利益 一株利益
(百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (円)
177,320 10,937 12,613 5,248 79.39

 

 ダスキン社の業績推移

 

一言で表せば、「堅実」です。売り上げは減少傾向にありますが、原材料費の高騰や消費者の節約志向の中でも1770億円という巨額の売り上げを記録しており、毎年一定の営業利益率を維持しています。翻訳業界全体の市場規模が2000億円と言われていることからも、その大きさがうかがい知れます。さらに特筆すべきは、70%を超える株主資本比率と無借金という財務体質です。これらの数字から、「無理な投資はせず、自分たちにできる範囲でコツコツやる」という経営姿勢が伝わってきます。2011年10月6日現在の株価は1552円で、PERが16.02倍、PBRが0.69倍、ROEが3.555%、配当が40円(2.62%)です。値動きは非常に安定しており、「大きくは儲からないが、それほど損もしない」安定した銘柄と言えるでしょう。3.555%というROEはやや物足りないようにも感じますが、ドーナツのような薄利多売のビジネスを考慮すれば妥当な水準と思われます。

 

私にとって最も思い出深いミスタードーナツの店舗は、独身のときに住んでいた愛知県大府市にあるJR大府駅前店です。といっても、店そのものに深い思い入れがあるわけではありません。そんなに頻繁に立ち寄っていたわけでもないし、冒頭で述べた通り、ドーナツが特別美味しいというわけでもない。でもなぜか、当時の生活や記憶、あの素晴らしい町で経験した数々の出会いや出来事がこの店とリンクするのです。あの微妙なレトロ感を醸し出している若干チープな木目調のインテリアが、セピア色の思い出と重なるのでしょう。ミスタードーナツ側からすれば、もちろん計算済みです。本人が気づかないうちに潜在意識にしっかりと居すわるという高度なマーケティング戦略を採用しているのですね。

 

これまでの私の人生の中でメインステージになったことは一度もないのに、なぜか私の記憶にしっかりと根を下ろしているミスタードーナツ。特段に美味しいわけでもないのになぜか定期的に私の食欲をそそることと相まって、不思議な魅力を放っているのです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2947)

安くて美味しいワインが飲みたいなら

カテゴリ : 
グルメ
執筆 : 
ellersley 2010-9-3 12:35

サイゼリヤに行きましょう。


1 杯たったの 100 円ですが、本格イタリア料理店で出しているワインと比べて、何ら遜色はありません。


「サイゼリヤのワインなんて。」と言う人がいたら、その人はワインのことをよく分かっていない人だと思います。


別に私もよくわかっていませんが、あの美味さは本物だと思います。


自宅から最寄りのサイゼリヤまでは、自転車で20分もかかるのですが、それでも行ってしまいます。


私がいつも注文するのは 250 ml のデカンタです。だいたい 2 杯強で、たったの 190 円。


飲むたびに、


「これで190円は安すぎる。250 円くらい払っても良い。


と思ってしまいます。本当に素晴らしいワインです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2124)

スガキヤと名古屋人の特別な関係

カテゴリ : 
グルメ
執筆 : 
ellersley 2009-5-29 21:16

名古屋圏外の人にとって、スガキヤというラーメン店はあまりなじみがないでしょう。でも、あの*宮地佑紀生がテレビCMで歌っている「名古屋と言えばスガキヤラーメン。世界の果てまでスガキヤラーメン。」というフレーズに異論がある名古屋人は多くないでしょう。名古屋の人にとってスガキヤは、なぜか愛さずにはいられない特別な存在なのです。

 

ここ数年のラーメンブームにより、名古屋の街にもさまざまな本格ラーメン店がオープンしていますが、スガキヤは、そんな一過性のブームをはるかに超越した存在です。スガキヤは、すべての点において「本格派」とは対極の位置にあり、「別に本格派のラーメンなんかどうてもよくて、ときどき手軽にラーメンを食べたい」という客層を完全に独占しているのです。

 

スガキヤが特別視される理由はかなりハッキリしています。名古屋圏内の小中学生が初めて友だち同士で外食をするとき、デビューの舞台となるのが決まってスガキヤなのです。スガキヤもそのあたりの事情をよくわきまえていて、ミッドランドスクウェアやラシックではなく、ユーストア(現ピアゴ)とかヨシヅヤの中に店舗を構えています。実質的に愛知県だけを商圏としながら114億円もの売上を誇るその販売戦略がハーバード・ビジネス・レビューに取り上げられる日も近いものと私は推測します。

 

スガキヤがこれほどまでに特別視される理由をもう少し具体的に見ていきましょう。

 

まずは店構えです。

 

 

店に入ろうとする人に一切の緊張感を与えないこの敷居の低さ。この安心感こそ、初めて外食する女子中学生をも惹き付ける最大の魅力です。


次に、定番メニューを見てみましょう。

 


 

 

 

 

至ってシンプルです。「ラーメンください。」と言えばこれが出てきます。現在は290円ですが、1972年生まれの私が初めて食べたときには180円でした。20年余りで61%という値上げ率は、間違いなくこの国の物価上昇率を上回っているはずのですが、値上げがあまりにも極秘裏に行われるため、その不条理には誰も気づきません。

 

他のメニューを見てみましょう。

 

肉入りラーメン(\370)

 

特製ラーメン(\420)

 

野菜ラーメン(\420)

 

そうです。ベースはすべて「ラーメン」なのです。麺は太麺か細麺か、スープは塩か醤油か豚骨か、麺の堅さは... 中学生にそんなことを選ばせるのは野暮と言うものです。とにかくラーメンが食べたい人にラーメンを出す。このブレのない一貫した態度も、衰えぬ人気の理由です。「野菜ラーメンが特製ラーメンと同じ価格では、特製ラーメンのポジションニングに問題があるのではなのか」という疑問を抱いた人、その疑問は正しくありません。スガキヤは独自の価値観を持っているのです。


続いてデザートメニューを見てみましょう。こちらはそれほど特筆すべきものではないので、スガキヤさんの Web ページを見てもらうことにします。

http://www.sugakico.co.jp/shohin/index2.html

昔と比べ、ずいぶん種類が豊富になりました。もともとは甘味処としてスタートしたというだけあって、ソフトクリームは美味です。すべてのデザートメニューが「ソフトクリーム + 何か」という組み合わせになっており、考え方はラーメン類と同じです。

 

次に、スガキヤのキャラクター「スーちゃん」を見てみましょう。

ゆるいです。今でこそ、各地のキャラクターに「ゆるキャラ」が採用されることは珍しくありませんが、スーちゃんが登場したのは昭和33年です。「ゆるキャラ」ブームの到来を半世紀も前に予見していた経営陣の先見の明に、私は脱帽するしかありません。

 

そして最大の目玉と言えるのがこの食器です。


 

小学校の給食スプーンを大きく進化させたような不思議な形状が印象的です。これはラーメンフォークという名称で、あの世界的陶磁器メーカー、ノリタケとの共同開発品です。昔は、下の写真のようにフォークの部分が斜めに出ていたのですが、2007年に大幅なモデルチェンジが敢行され、現在の形状になりました。これ1本でラーメンも食べれればスープも飲めるという優れモノで、割りばしの大量消費による環境問題に配慮して開発されたということです。多くの、いや一部の客から、「厚手の金属製のため、熱くて口に入れ辛い」とか、「ラーメンを口に入れるときにスプーン部にたまったスープがこぼれ落ちて使いにくい」などの声が上がっており、実際にこのフォークでラーメンを食べている人をあまり見たことがありませんが、市民はこの前衛的なフォルムの食器を優しい眼差しで受け入れています。その背景には、現在のラーメンブームや「ゆるキャラ」ブームをことごとく予見したスガキヤの恐るべき洞察力があることは言うまでもありません。私自身も、今から半世紀後には、日本国民全員が当たり前のようにこのラーメンフォークでラーメンを食べるようになると信じて疑いません。

 

 

肝心のお味の方なのですが、これがまた不思議な味です。豚骨ベースの白湯スープなのですが、一般的な豚骨スープほどこってりしておらず、インスタントラーメンの粉末スープのようなチープな香りがします。そして形容するのが難しい微妙な甘味があって、巷では、「白蛇からダシを取っていて、隠し味にソフトクリームを使っている」などと言われています。これがまた美味しいのですが、病み付きになるというほどでもないという微妙さ加減です。

 

そんな魅力いっぱいのスガキヤ。私は今後も年に3回くらいのペースで食べ続けることでしょう。ひつまぶしや味噌煮込みうどんもいいけど、「名古屋と言えばスガキヤラーメン」。ぜひ試してみてください。

 

*宮地佑紀生 - 名古屋で活動する名古屋出身のタレント・ラジオパーソナリティ。名古屋の人で宮地佑紀生を知らない人は存在しない。

日本の外食産業が誇る3大メニュー

カテゴリ : 
グルメ
執筆 : 
ellersley 2009-5-8 23:33

私は独身の頃、昼と夜はすべて外食でした。そのため、エンゲル係数と血糖値は常に高値をキープしていたのですが、ほぼ全ての外食チェーンで食事をした結果、この国には安くて美味しいメニューが3つあることが判明しました。その3つとは、

 

餃子の王将の餃子 (210円)

サイゼリヤのモッツァレラトマト (299円)

吉野家の豚丼 (330円)

 

です。

 

もちろん他にも美味しいものはたくさんありますが、この3つは、価格対満足度の比率、つまりコストパフォーマンスが抜群に高いのです。

 

吉野家の豚丼は、狂牛病の流行による2004年の牛肉禁輸措置に伴って代替メニューとして投入されたものですが、絶妙な味付けで、個人的には牛丼を完全に凌駕しました。キムチをのせるとさらに美味しくなるのですが、キムチを頼むと値段は一気に420円に跳ね上がるため、コストパフォーマンスという点からはお勧めできません。

 

この中からナンバー1を選ぶとしたら、王将の餃子です。私は今までに少なくとも1000回は食べたことがありますが、今でも抜群に美味しいと思いますし、所帯持ちの今でも月に2度くらいは食べています。なぜ月に2度かと言いますと、中日新聞の毎月1日と16日の朝刊の1面に、必ず餃子無料券がついているからです。

 

今は所帯を持つようになり、外食の機会は大幅に減りました。週に6回くらいでしょうか...

 

私は外食が好きなのです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1524)
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。