ニュース + ブログ - 翻訳カテゴリのエントリ

翻訳分野の決め方・選び方

カテゴリ : 
翻訳
執筆 : 
ellersley 2009-6-21 16:36

一般に翻訳というと、多くの人が文芸作品や映画の字幕・吹き替えなどを連想しますが、翻訳市場の98%は、企業の経済活動の中で発生するマニュアルや仕様書、コレポンや契約書といった産業翻訳です。ただ、一口に産業翻訳といっても、自動車産業、IT 産業、教育産業、娯楽産業など、日本にはさまざまな産業が存在し、1人の翻訳者がすべての産業分野に関して高い水準の翻訳を提供することは不可能なため、専業の翻訳者になろうとすると、どうしても専門分野が必要になります。


文系出身者、たとえば英語が好きで、その延長として翻訳をやりたいと考える人が翻訳市場に参入しようとする場合、この専門分野というのが大きな障害となります。なぜなら、産業翻訳に英語という分野は存在しないからです。英語は単なる前提条件として存在しているだけです。


ちなみに私は、コンピュータ・通信・ネットワークといった分野を一応専門分野としています。とはいえ、コンピュータのことなら何でもわかるというわけではなく、せいぜい簡単なプログラムが書け、自分でパソコンを組み立てて動かすことができ、無線LANや光ファイバーケーブル、家庭内LANなどの設定が、人の手を借りずに自分でできるという程度です。翻訳者としての専門分野というのは、別にその道のプロである必要はなく、「わからないことはたくさんあるけど、調べればどうにか翻訳はできる」という程度でOKです。


専門分野を選ぶに当たっては、自身がキャリアや興味を通じて造詣のある分野を選ぶのが理想的です。クルマが好きなら、自動車関連の翻訳をやるのが言うまでもなくベストでしょう。少なくとも、勉強が苦痛でない分野を選ぶべきであって、「仕事が多くて稼げそうだから」という理由だけで選ぶべきではありません。コンピュータやネットワークといった分野は、確かに仕事が多い分野ですが、コンピュータが嫌いな人や苦手な人がコンピュータ関連の翻訳をやろうとしても無理があって勉強が続きませんし、好きでやっている人に勝ち目がありません。


しかし、自分にとって興味や造詣のある分野に、翻訳としての市場性がない場合や極めて低い場合があります。たとえば、美術が好きな場合、翻訳としての市場性は確かに低いでしょう。しかし、決してあきらめてはいけません。ないと思っていても、決してゼロというわけではなく、どこかで仕事が発生している可能性は高いのです。また、直接関係がなくても、輸入画材道具や、モンマルトル観光ガイドのような関連案件が出てくる場合もあります。アンテナを常に張っておけば、引っかかる可能性は十分にあります。


マイナー分野の仕事が舞い込んできた経験は、私自身も持っています。私はサッカーが好きなのですが、翻訳で生計を立てるようになっても、長らくサッカー関連の仕事などありませんでした。しかしあるときに、サッカーの試合内容を分析する英国のソフトウェアを日本語に翻訳するという仕事を戴き、その後も2002年日韓ワールドカップ招致委員会の仕事などが時々入ってくるようになりました。さらに2005年には、欧州サッカー連盟(UEFA)公式Webサイト日本語翻訳チームのメンバーに採用され、2007年まで、試合レポートや移籍情報の翻訳を日常的に手がける機会に恵まれました。また、サッカーだけでなく、野球やモータースポーツ関連の仕事の打診も受けるようになり、実際に何件かの仕事を手がけました。サッカーは、翻訳分野としては極めてニッチですが、手がける人も少ないので、上手にアピールしておけば、仕事が発生したときに意外に回ってきやすいという面があるようです。


自分の好きな分野に仕事として携われるというのは、翻訳者の1つの特権であると思います。しかも、100%コミットすることがなく、時々入ってくるという状況がまた良いのです。好きな仕事でも、毎日やっていると飽きてしまいますが、時々なので興味と楽しさが長続きするのです。私は今、「いつかグランパスエイトと仕事をする」という目標を持っています。


現在勉強中の人も、「いつか○○の翻訳をやろう」という希望を持っておくと、モチベーションが長続きして、良い結果につながりやすいのではないかと思います。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2492)

論理を曖昧にする連用形

カテゴリ : 
翻訳
執筆 : 
ellersley 2009-5-4 15:29

特許明細書を見ていると、次のような文に頻繁に出くわします。


「このことによって、データの途絶えなく、伝送路の有効利用が可能であり、各メディアの遅延を少なくし、メディア単位の揺らぎを最小とすることができる。」


「途絶えなく」、「可能であり」、「少なくし」のような連用形は、非常に便利である一方、情報を追加したいのか、理由や根拠を述べているのか、手段を述べているのか、そのあたりが非常に曖昧になります。


翻訳者は一般に、弁理士ほど対象分野に精通していないため、このように論理の曖昧な文を翻訳する際に大きな苦労を伴います。 仕方なくandで書き連ねている翻訳者は多いことでしょう。


上の文は、次のように書いてもらえるのが理想的です。


「このことにより、データが途絶えなくなるため、伝送路を有効に利用することができます。結果的に、各メディアの遅延が減少するとともに、メディア単位の揺らぎも最小化されます。」


「途絶えなくなるため」= 理由 -> because


「利用することができます。結果的に」= 結果 -> as a result


「減少するとともに」=  情報追加 - > as well as


連用形をできるだけ使わないようにすると意味が明確になるのですが、残念ながら明細書は連用形のオンパレードです。


もしかして、実は弁理士もあまり発明内容がよく理解できていないくて、論理を明快にする自信がないことから、自らの責任回避のために確信犯的に多用しているのでしょうか。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4587)

「抑制」はsuppressではありません

カテゴリ : 
翻訳
執筆 : 
ellersley 2009-5-4 15:14

特許明細書に「抑制する」と書かれていると、ほとんどの翻訳者が suppress を使いますが、これはいただけません。

翻訳会社で働いていたとき、外注の日本人翻訳者のほぼ全員が、次のような文で一様に suppress を使っていました。

 

例:

高電圧の作用により排ガスを浄化する排ガス浄化装置において、外部への熱的影響を抑制し、また装置内部の温度低下を抑制する。(特開2006-144571)
 

To provide an exhaust emission control device for purifying exhaust gas by action of high voltage to suppress thermal influence to the outside and suppress reduction of temperature inside the device.
 

「やや強引な定義であるものの、suppress = To forcibly put an end to ... と考えて良い。」と知り合いの英国人翻訳者が言っていました。

つまり、「何かを強引に終了させる」というわけです。

参考までに、Longman Activator に掲載されている例文を引用します。

- The army acted swiftly to suppress the uprising.
- Any opposition to the regime is ruthlessly suppressed.
- The authorities suppressed publication of the journal.
 

これらを見ると、確かに「強引に」押さえつけられている感じがしますね。

冒頭の例では、inhibit を使うのが正しいようです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6983)
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。