ニュース + ブログ - 最新エントリー

Never Say Goodbye / Bon Jovi

カテゴリ : 
音楽
執筆 : 
ellersley 2015-11-22 11:00

Words: Jon Bon Jovi
Music: Richie Sa

  


 


 

As I sit in this smokey room
The night about to end
I pass my time with strangers
But this bottle's my only friend
この煙たい部屋で
一緒にいるのは見ず知らずの他人
友達はこのボトルだけ
もうすぐ夜が明ける
Remember when we used to park
On Butler Street out in the dark
Remember when we lost the keys
And you lost more than that in my backseat baby
暗闇の中 よくバトラー通りに車を停めてたね
キーを失くしたこと 覚えているかい
でも後部座席で失ったのは
もっと大きなものだったね
Remember how we used to talk
About busting out - we'd break their hearts
Together - forever
退学すると言って
よく周りの人を悲しませてしまったね
でも 僕たちはいつまでも一緒さ
Never say goodbye, never say goodbye
You and me and my old friends
Hoping it would never end
Say goodbye, never say goodbye
Holdin' on - we got to try
Holdin' on to never say goodbye
さよならは言わないでおこう
君と僕、そして旧き友が
いつまでも仲良しでいられるように
別れの言葉はグッとこらえて
心の中にしまっておこう
Remember days of skipping school
Racing cars and being cool
With a six pack and the radio
We didn't need no place to go
学校をサボって
クルマで競い合って カッコつけてた日々
6 缶パックとラジオがあれば
行き先なんてどうでもよかったよね
Remember at the prom that night
You and me we had a fight
But the band they played our favorite song
And I held you in my arms so strong
あの夜 ダンスパーティで
君と僕は殴り合いの喧嘩をしてしまったね
でも大好きな曲の演奏が始まったら
君を強く抱きしめていた
We danced so close
We danced so slow
And I swore I'd never let you go
Together - forever
ぴったりと身を寄せて
ゆっくりと踊りながら
僕は君を離さないと誓ったんだ
ずっと一緒だとね
Never say goodbye, never say goodbye
You and me and my old friends
Hoping it would never end
Say goodbye, never say goodbye
Holdin' on - we got to try
Holdin' on to never say goodbye
さよならは言わないでおこう
君と僕、そして旧き友が
いつまでも仲良しでいられるように
別れの言葉はグッとこらえて
心の中にしまっておこう
I guess you'd say we used to talk
About busting out
We'd break their hearts
Together - forever
退学すると言って
よく周りの人を悲しませてしまったよね
でも 僕たちはいつまでも一緒さ
Never say goodbye, never say goodbye
You and me and my old friends
Hoping it would never end
Say goodbye, never say goodbye
Holdin' on - we got to try
Holdin' on to never say goodbye
yeah yeah
さよならは言わないでおこう
君と僕、そして旧き友が
いつまでも仲良しでいられるように
別れの言葉はグッとこらえて
心の中にしまっておこう
  翻訳: 中村泰洋

 

今回は久しぶりに Bon Jovi を取り上げました。1986 年にリリースされた古い曲ですが、今でもコンサートではときどき演奏しているようです。

 

この「Never Say Goodbye」は、ジョンが 25 歳のときに、17 歳の頃を振り返って書いた曲です。当時の私は 14 歳でしたが、後追いで聴いたため、初めて耳にしたのは 20 歳くらいの頃だったと思います。

 

当時の Bon Jovi は、まさにスーパースターでした。この曲が収録されているアルバム「Slippery When Wet」は、これまでの Bon Jovi の軌跡における最大のヒットアルバムであるわけですが、それだけに留まりません。何しろ、全米アルバムチャートで 8 週連続 1 位を記録し、38 週連続で 5 位以内に留まり、その年の全米トップセールスアルバムとなったのです。さらに、「Never Say Goodbye」に先立ってシングルカットされた「You Give Love a Bad Name」と「Livin' on a Prayer」は、シングルチャートでそろって 1 位を獲得。その後リリースされた「Wanted Dead or Alive」も 7 位にランクインするという快挙を成し遂げました。アルバムタイトルとは裏腹に、「スベる」どころか売れまくったわけで、その後 90 年代初頭まで、ハードロックは一気に音楽シーンのメインストリームとなりました。名曲「Livin' on a Prayer」をフィーチャーしたカセットテープ(!!)「AXIA」の CM を覚えている人も多いでしょう。「まるでBon Jovi」というナレーションが何とも懐かしくて、郷愁を誘います。

 

 

 

 

当時 17 歳だったジョン本人も、わずか 8 年後にまさかこんなスーパースターになるとは予想していなかったことでしょう。歌詞に描かれているジョンは、ごく普通のやんちゃな高校生です。「6缶パック」がオレンジジュースということはないでしょう。アルコールを手に、クルマを飛ばし、道端に停めて夜明けまで過ごす。「クルマの後部座席で無くした、キーよりも大切なもの」が何なのかは想像するしかありませんが、思い描いているものは、おそらく全員同じでしょう。

 

ウィキペディアによると、Bon Jovi のシンガーであるジョン・ボン・ジョヴィは、米国ニュージャージー州の Metuchen という地区で生まれ育ち、この地区にある St. Joseph High School という高校に通っていたようです。歌詞に出てくる Butler Street を Google Map で調べてみると、実在することがわかります(ストリートビュー)。この画像に写っているのは Butler Street の西端地点で、左右に駐車場らしきスペースがありますが、この先は東端までずっと通りの両側に瀟洒な住宅が並んでいます。ジョンが夜中にたむろしていたのは、この駐車場なのではないかと想像します。そして、Butler Street と St. Joseph High School を結んでみると、こんな感じになります。車で 17 分の距離ですから、学校からは少し離れたところで悪さを働いていたということになります。

 

ジョンが 25 歳という若さで高校時代に思いを馳せる曲を書いた背景として、スーパースターになったという事実はやはり切り離せないでしょう。メジャーデビューからわずか 3 作目にして、押しも押されぬスーパースターとなった Bon Jovi は、ワールドツアーのために 1 年の大半を海外で過ごしており、それ以外の時間もスタジオに入り浸りだったはずです。取り巻く人はプロデューサーやミキサー、プロモーターといった業界人ばかりとなり、地元で一緒に育った友達に会うことは非常に難しくなったと思いますし、わずかにできた時間で久しぶりに旧友たちと飲みに行ったりしても、ビッグにになりすぎてしまったジョンとの間には微妙な距離感が生まれ、かつてのような関係ではなくなってしまったことでしょう。

 

改めて曲に目を向けてみましょう。90 年代以降の歌詞と比べると、青臭いといいますか、若々しいといいますか、ひねりや計算がなく、過ぎし日に思いを馳せながら、自身のインスピレーションに素直に従ってアウトプットしたという感じです。曲展開やメロディは「ベタ」で「クサい」としか形容しようがないコッテコテのロックバラードです。曲の最後に被せてくるアルペジオのメロディなど、今の Bon Jovi なら恥ずかしくて絶対にできないと思いますが、若き日の Bon Jovi を象徴するこのキラキラ感溢れる 1 曲に思わず自身の青春時代を重ねてしまうオールドファンは、私を含め、世界中に何百万人という単位で存在することでしょう。ベタなのに、飽きるどころか、歳を重ねるごとに好きになっていくのが不思議です。

 

第 3 ヴァースに出てくる bust out というスラングの意味が、実はよくわかりません。escape の意味で使われる一方、accomplish a task の意味でも使われるようです。bust out の目的語が省略されていることが、解釈に苦労する原因の 1 つなのですが、文脈から察して、「bust out of school」かなと考えました。

 

去る 8 月 1 日、最終授業の後に行われた集いには、多くの受講生が駆けつけてくださり、本当に幸せなひとときでした。7 年半続けた講座が終わった割に、寂しさよりも充実感と安堵感の方が大きかったのは、適切な引き際だったからだと思います。講座は終了しましたが、このウェブサイトは、これまでの受講生とのインターフェイスとして、そしていつか来るであろう第 2 章のために、今後も不定期で更新する予定です。「Never Say Goodbye」ということですね。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (944)

Feel What I Feel / Gotthard

カテゴリ : 
音楽
執筆 : 
ellersley 2015-6-8 15:06

Words: Nic Maeder
Music: Leo Leoni 

  


 


 

So much for love
You must've come from way above
Just for a smile and just for an inch
I'll run a mile, I'll run a mile
お前は愛を求めて
彼方からはるばるやってきたんだろう
あと1インチに迫った微笑みのために
俺は1マイルを駆ける
So much it seems
Might only be just mirrors and steam
Might be the wine
But I've never known a love so fine
その微笑みは
もしかしたら 単なる鏡と湯気なのかもしれない
もしかしたら ワインなのかもしれないが
俺はそんな極上の愛を知らない
Don't wanna wake up from this high
この恍惚から覚めたくないんだ
Say that it's fate, say that it's real
Say I'm not dreaming and you feel what I feel
Don't say I'm sleeping, don't let it end
Don't wake me up, I'll never find you again
I'll never find you again
運命だと言ってくれ 現実だと言ってくれ
夢ではなく お前も俺と同じ気分だと言ってくれ
俺が眠っているなどと言わないでくれ
まだこのままでいさせてくれ
俺の目を覚まさないでくれ
お前を二度と見つけられなくなるから
So much to say
Perfection in every single way
I'm taking the dive
Cause I've never felt just so alive
言いたいことは山ほどある
どこを取っても完璧だ
俺は今 ダイビングの最中
生きていると こんなに強く感じるのは初めてだ
Don't wanna wake up from this high
この恍惚から覚めたくないんだ
Say that it's fate, say that it's real
Say I'm not dreaming and you feel what I feel
Don't say I'm sleeping, don't let it end
Don't wake me up I'll never find you again
I'll never find you again, I'll never find you again
I'll never find you again

運命だと言ってくれ 現実だと言ってくれ
夢ではなく お前も俺と同じ気分だと言ってくれ
俺が眠っているなどと言わないでくれ
まだこのままでいさせてくれ
俺の目を覚まさないでくれ
お前を二度と見つけられなくなるから
Say that it's fate, say that it's real
Say I'm not dreaming and you feel what I feel
Don't say I'm sleeping, don't let it end
Don't wake me up I'll never find you again

運命だと言ってくれ 現実だと言ってくれ
夢ではなく お前も俺と同じ気分だと言ってくれ
俺が眠っているなどと言わないでくれ
まだこのままでいさせてくれ
俺の目を覚まさないでくれ
お前を二度と見つけられなくなるから
Say that it's real, say that it's real
Say that it's real, say that it's real
Do you feel what I feel? What I feel
What I feel, what I feel, what I feel
Do you feel what I feel? What I feel

現実だと言ってくれ
現実だと言ってくれ
俺の気持ちを感じているか?
俺の気持ちを

  翻訳: 中村泰洋

 

長いこと更新が滞っていましたが、久しぶりに更新したくなるような強烈な1曲を見つけました。80〜90年代の曲を中心に紹介しているこのコーナーでは非常に珍しい2014年リリースで、コテコテのアメリカンロックだった前回のヴァン・ヘイレンとは対照的な、ヨーロピアンテイスト溢れる佳曲です。これはイイ。

 

一口にハードロックと言っても、そのジャンルは細かく細分化されており、リスナーによって好みも様々です。私の場合は、「激しさ or 重さ」と「良質なメロディ」が共存していることが条件です。しかし、そのバランスは極めて曖昧かつ微妙で、ピタッと合致する曲にはなかなか出会えないのですが、この「Feel What I Feel」は、両者のバランスが絶妙です。純粋なハードロックマニアの感覚だと、この曲は「少々ポップすぎる」ということになるのでしょうが、私にはツボです。

 

さて、今回紹介するゴットハードは、スイスのハードロックバンドです。私たち日本人にとってスイスという国は、「アルプスの少女ハイジ」のイメージが強すぎて、多くの人が、豊かな自然に囲まれた穏やかな国という印象を抱いていますので、こんなゴリゴリしたロックミュージックが存在することをイメージしにくいかもしれません。

 

日本ではほとんどマニアにしか名前の知られていないゴットハードですが、母国スイスでの人気は絶大です。ゴットハードは1992年のデビュー以来、スタジオアルバム11枚など、全部で20枚のアルバムを発表している(2015年現在)のですが、そのうちの何と15枚がナショナルチャートで1位を獲得しているのです。過去のブログでも言及しているとおり、私は22〜23歳のときにニュージーランドのオークランドに留学しており、学校にはスイスの人も結構来ていました。同じクラスになったスイス人とはほぼ例外なくゴットハードのことを話しましたが、彼らを知らない人など皆無でした。また、私がホームステイした家庭から私と入れ替わりで出て行ったスイス人の女の子は、

 

「僕は音楽が好きなんだけど、スイスで有名なミュージシャンて誰?」

 

という私の質問に対し、

 

「うーん、一番有名なのは... GOTTHARD かな

 

という答えが返ってきました。

 

どうやらスイスにおけるゴットハードは、もはや国民的バンドと言える存在で、日本におけるB'z以上のポジションに位置するものと思われます。

 

チューリッヒで撮影されたと思われる下の映像を見れば、その人気ぶりは容易に理解できるでしょう。東京ドームのような巨大ホールを観衆が埋め尽くしており、2:14 や 4:42 で映る女の子たちは、目がウルウルしてしまっています。

 

 

彼女たちの瞳に映っているのはおそらく、ヴォーカルのスティーブ・リーでしょう。母国におけるゴットハードの人気の理由が楽曲の良さであることは間違いないのですが、スティーブ・リーの歌唱力と声質、ワイルドな出で立ちも含めたフロントマンとしてのカリスマ性を抜きにしてゴットハードを語ることはできません。広い声域と豊かな声量、太くて力強い声質とその表現力など、ロックシンガーに必要な要素をすべて兼ね備えていると思います。

 

しかし、冒頭の PV を見れば、スティーブ・リーとは明らかに別人であることに気づくでしょう。それもそのはず。スティーブ・リーは2010年、アメリカでのツーリング中、休憩していたところに、スリップしたトレーラーが跳ね飛ばしたバイクが直撃するという、不運としか言いようのない事故でこの世を去ったのです。上の動画は2006年に収録されたコンサートの様子で、演奏している「Let it be」という曲は、彼らがキャリアの比較的初期に作ったバラード曲です。個人的には、彼らのバラード曲における最高傑作だと思います。

 

悲運によってバンドの顔を失ったゴットハードは、言ってみれば本田圭佑がいないサッカー日本代表や、橋下代表の去った維新の党のようなもので、もはや存続不能とファンは思ったはずです。しかし彼らは解散という選択をせず、400人ものオーディションを経て、オーストラリア出身のニック・メイダーというヴォーカリストを迎え、2012年に復活しました。

 

改めて冒頭の PV を見てみましょう。客観的に見て、ニック・メイダーの歌唱は、確かにスティーブ・リーに劣るでしょう。全体的に線が細いし、声域もそれほど広くないようですが、個人的にはかなり良い線に行っていると思います。オーストラリア人とは思えない都会的で洗練された佇まい (偏見でしょうか?) でビジュアルも良く、中低音の声は、スティーブとは違う新たな魅力を放っています。そして何よりもこの「Feel What I Feel」は楽曲が秀逸でしょう。イントロからブリッジ、サビ、アウトロに至るまで、リズムもメロディもリフもサウンドも曲構成も、私のツボをピンポイントで刺激するカッコ良さです。PVの内容は少々エグくて気持ち悪いのですが、洗練されたカメラワークと、元ミス・スイスという恐ろしく美しい女性の怪しげな魅力からも目が離せません。2:48、マーク・リンがベースを叩くシーンから始まる展開はまさに圧巻で、レオ・レオーニというギタリストの卓越したメロディセンスがあまりにも過小評価されていると感じずにいられません。

 

過去のゴットハードの曲は、スイス人のスティーブ・リーが多くを作詞していたため、ストレートでわかりやすい歌詞のものが多かったという印象がありますが、オーストラリア人であるニックによって作詞された「Feel What I Feel」は、やはり英語がネイティブということもあってか、pun(語呂合わせ)とrhyme(押韻)に溢れており、新生ゴットハードの新たな側面と言えそうです。また、歌詞に出てくる「you」を誰と考えるのかは、読み手の想像力に委ねられており、このようなmetaphor(隠喩)を駆使したニックの作詞能力は、かなりの水準にあると考えられます。YouTubeのコメントを見ると、ニックに対するファンのコメントは「スティーブは素晴らしかったが、ニックも良い」というトーンのものが多く、概ね好意的に受け入れられているようです。伝説化した偉大な前任者の後釜として、ニックはあまりに無名だった上に外国人なのですから、多くのファンが、ボロクソにこき下ろそうと手ぐすね引いて待っていたはずです。その中でこれだけの評価を受けたニックは、やはり400人の中から選ばれただけあって、伊達ではないということです。

 

私にとってゴットハードは、自分の琴線に触れる曲がある一方で、自分のテイストに合わない退屈な曲も多いため、デビュー当時から「まあまあ」好きなバンドという位置付けでした。1994年に彼らのライブを一度見ていますが、それほど印象に残っていません。それでも、あらゆる意味で本物・一級品のロックバンドであるという見方に異論はありません。

 

少し話が外れますが、名古屋およびその周辺地域には、住民に長らく親しまれてきた「ナフコ」というスーパーマーケットがあります。ところが、15 年くらい前から、この「ナフコ」から「フィール」という名前に看板替えする店舗が増えてきました。もう 15 年経つわけですので、それなりに「フィール」が定着してもよいはずなのですが、実際には、おそらくすべての住民が「フィール」という名前に何とも言えないモヤモヤした思いを抱き続けており、「フィール」というブランドを十分に受け入れられないでいます。その原因は全員共通で、「フレエッシュフーズの...ナ・フ・コチェ〜ン」というあの曲が、名古屋人の DNA に、もはや消去不能なほど深く刷り込まれているからです。

 

「Feel What I Feel」は直訳すれば、「私の気持ちを感じて」という意味です。フィールがナフコの呪縛から逃れ、確かなブランド力を確立するために、これ以上のキャッチフレーズが他にあるでしょうか。フィールコーポレーションが自社のテーマソングとして「Feel What I Feel」を使えるようゴットハードに許可を求め、イメージキャラクターとしてゴットハードを起用するという大英断を下したとき、フィールは積年の課題を解消し、食品小売市場における不動の地位を獲得することでしょう。「ハードロック・カフェ」ならぬ「ハードロック・スーパーマーケット」です。一方、オーソドックス & オーセンティックなハードロックが持ち味のゴットハードは、万事に保守的な名古屋人との相性が抜群です。名古屋が認めたお値打ちハードロックバンドとして、コメダコーヒーのように日本全国に人気が拡大すること間違いなしです。Wikipedia によると、フィールコーポレーションには4000人の社員がいるようです。私はこのブログが、フィールコーポレーションの誰かに届くことを願って止みません。

 

ただし、フィールの業態を考えると、提携が上手く行った場合には、PV を作り直した方が良さそうですね...

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1394)

第4回 名古屋翻訳者勉強会のご案内

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
ellersley 2015-4-13 17:24

第4回 名古屋翻訳勉強会の案内です。

■日時

2015/05/23 (土)  13:00 - 16:30

■場所

日本特殊陶業市民会館 第2会議室

■費用

  • 勉強会参加費(13:00 - 16:30) 1,500円
  • 懇親会参加費(17:00 - ) 4,500円

■内容

1. 冠詞について(医薬翻訳講座トライアリスト主催 辻谷真一郎氏)
フランス介護哲学の書「ユマニチュード『老いと介護の画期的な書』」の翻訳書をはじめ、数多くの書籍の翻訳者、そして著者である辻谷氏に、冠詞についてのお話をして頂きます。「そもそも冠詞とは何であり、何のためにあるのか」というところから考えるセッションです。(http://trialist.main.jp)

2. みんなで訳そう文芸書
第2回勉強会で好評だったセッションの第2弾です。グループに分かれて文芸作品を和訳します。

*申込後のキャンセルについて:5/20(水)まで受け付ます。その後のキャンセルに対しての払い戻しには対応できません。また、払い戻しについては、イベント終了後にPeatixおよび銀行手数料などを差し引いた金額を払い戻しさせて頂きます。

■お申込み・お問い合せ

http://peatix.com/event/83215 (名古屋翻訳者勉強会)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1301)

8月に続く勉強会のご案内です。業歴に関係なく、どなたでも参加できますので、お誘い合わせの上、お申込みください。

 

勉強会

日時:2015年1月18日(日)9〜12時

場所:日本陶業市民会館第2会議室

(金山駅より徒歩5分)

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1−5−1

定員:30名

費用:2000円(予定)

内容:

)殘の品質管理とWildLight(齊藤貴昭 / Terry Saito氏)

『JTF日本翻訳ジャーナル』編集委員、翻訳勉強会『十人十色』主宰メンバーとしても活躍する翻訳コーディネータ/社内翻訳者のTerryさんに、翻訳の品質管理と自主開発ツール『WildLight』についてお話頂きます。(http://terrysaito.com/about/

 

△曚鵑笋検定1級合格への道:傾向と対策(荊木 由紀氏)

第59回JTFほんやく検定1級合格(日英、政経・社会)のフリーランス翻訳者、荊木さんに、1/24(土)にせまったほんやく検定への対策方法を紹介して頂きます。

 

自己紹介&みんなで問題解決セッション

簡単な自己紹介の後、翻訳業務に役立ちそうな情報を紹介し合います。ひとりの持ち時間は1〜2分です。下記のいずれかについてのお薦め情報をご準備ください。

a. 納税についてのお薦め情報

b. 見積方法(自分が見積る場合)についてのお薦め情報

c. その他、翻訳/通訳に関するお薦め情報なんでも

 

申込・お問合せはこちらのフォームにてお願いします。

ランチ会

日時:同日 12時半〜

場所:一鳳(名古屋コーチン料理)

〒456-0002
愛知県名古屋市熱田区金山町2-2-1

参加費: 2300円(予定)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1435)

 2014年7月5日に、中京大学名古屋キャンパス・ヤマテホールにおいて「国際英語キャリア専攻開設記念講演会・シンポジウム」が開催されます。

 

 中京大学国際英語キャリア専攻開設記念シンポジウム案内 (PDF)

 

中京大学の新たな取り組みについて、高校の進路指導担当者や英語教員に周知することを主な目的としていますが、翻訳を勉強されている方にも役立つ内容です。


入場無料で申し込みも不要ですので、授業後にお時間のある方はお気軽にご参加ください。

  • 開催日時:7月5日土曜日(13:00〜16:30、開場12:30)
  • 会場:中京大学名古屋キャンパス ヤマテホール(センタービル2階)

(会場案内図:http://www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html)

  • 主催: 中京大学国際英語学部国際英語キャリア専攻
  • 協力: SDLジャパン株式会社、中京大学文化科学研究所

 

 ご質問等がございましたら、こちらよりお問い合わせください。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1529)
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。