ニュース + ブログ - I Believe / Bon Jovi

I Believe / Bon Jovi

カテゴリ : 
音楽
執筆 : 
ellersley 2011-1-18 11:01

I Believe / Bon Jovi

 

All I know is what I've been sold
You read my life like a fortune told
I've seen the dream, there ain't no land of Oz
But I got my brain, yeah, I got a heart

確かに、少しばかりは売れたかもしれない
おまえは占いのように俺の人生が読めるんだろう
俺は夢を見ていたよ 魔法の国などないのに
でも、俺は知恵と意志を手に入れた

And courage built I won't let go
What we need right now is ... soul
奮い立たせた勇気を手放しはしない
魂こそが、今の俺たちに必要なものだからだ
I can't do this, you can't do that
They feed us lines but I won't act
And all good things will come to pass
But the truth is all you have to have
俺はこんなことできない
おまえにそれは無理だ
周りの人は台詞を用意してくれるが
俺は絶対に演じない
そのうち上手く行くはずさ
でも、真実だけは持ってなきゃいけない
And would you lie for it?
Cry for it, die for it
Would you?
そのためにおまえは嘘をつけるか?
泣きを見る覚悟はあるか?
何がなんでも手に入れたいのか?
さあ、どうなんだ
I believe, I believe
With every breath that I breathe
You and me can turn a whisper to a scream
I believe, I believe
俺は本気で信じている
おまえと俺なら
囁きを叫びに変えることができるはずさ
だから俺は信じている
You gave it all, then you gave more
You know what you came here for
You'll pay the cost,
like it's your cross to bear
Are we the ones that put it there
おまえは心血を注いできた
ここへ来た目的はわかっているよな
それはまさに試練
おまえは犠牲を払うことになるだろう
その試練を課すのは俺たちだ
And would you scheme for it?
scream for it, bleed for it
Would you?
おまえはその試練に立ち向かえるか?
本気で求める決意はあるか?
血を流す覚悟はできているか?
さあ、どうなんだ
I believe, I believe
Believe we're still worth
The fight you'll see
There's hope for this world tonight
I believe, I believe

俺は信じている
俺たちにはまだ
来たる戦いに挑む価値があると
この世界にはまだ希望があると
俺は信じている

Don't look up to your movie screens
Your record stores or magazines
Close your eyes and you will see
That you are all you really need
映画、レコード、雑誌... 過去の自分を見て
思い出に浸っている場合じゃない
目を閉じればわかる
本当に必要なのは、今の自分なんだ
I believe, I believe
With every breath that I breathe
You and me can turn a whisper to a scream
I believe, I believe
 
俺は本気で信じている
おまえと俺なら
囁きを叫びに変えることができるはずさ
だから俺は信じている
  翻訳: 中村泰洋

 

今回も Bon Jovi の曲です。1992 年発表のアルバム「Keep The Faith」に収録されていたオープニングチューンですので、もう 20 年近く経つわけですが、その素晴らしさは色褪せることがありません。歌詞にも楽曲にも、自分たちの思いがストレートに反映されていて、リアルタイムでこのアルバムを聴いた私は、当時まだ歌詞の内容を十分に理解できるだけの英語力を備えていなかったものの、「新生 Bon Jovi キタァーーーーーッ!」という印象だけはハッキリと抱きました。PV の出来も秀逸で、見終わるころには、何をするか決めていない人でも、「さあ、やってやるぜ!」と意欲がみなぎってくること請け合いです。

 

ものすごい意気込みが伝わってくるこの力強い歌詞を理解するには、Bon Jovi が置かれていた当時の状況を理解する必要があります。

 

80 年代後半、まさに世界を席巻した Bon Jovi は、New Jersey アルバムのリリースに伴う 2 年近くのワールドツアーと連日のハードスケジュールにより、メンバー全員が消耗しきってしまいます。ツアー終了後、メンバーは再会の約束もせずに解散。ジョンとリッチーはソロアルバムを発表するなど、ソロ活動が目立つようになり、バンドは解散の危機に陥ります。その間にアメリカではハードロックブームが終わり、ニルヴァーナを始めとするオルタナティブロックが台頭して、Bon Jovi は時代に葬り去られるかと思われたのでした。

 

しかし、カリブ海のセントトーマス島で久しぶりの再会を果たしたメンバーは、バンドとしての結束の固さを確認。そこで復活をかけて制作したアルバムが、この「Keep The Faith」です。

 

前作とはあまりにも色合いが異なる内容に、本国アメリカでは賛否が分かれましたが、80 年代とは一変した厳しいロック音楽シーンの中、全世界で 1500 万枚の売上を記録。New Jersey の 1800 万枚に迫る好セールスで復活を印象づけました。Bon Jovi の歴史におけるマイルストーン的な作品でしょう。ボーナストラックも含め、その内容は本当に充実しており、個人的には、好セールスを記録した前 2 作よりも、成熟した感の強いこちらのアルバムの方が気に入っています。

 

歌詞の中に出てくる I と you という 2 つの人称代名詞は、どちらもジョン自身を表すものと思われます。別の自分、あるいは過去の自分からの問いかけに対し、今の自分が I で答える。過去との自分との対話を通じて、自身の決意が嘘でないことを確認しているのでしょう。面白いレトリックです。

 

B'z の「裸足の女神」という曲が、この曲と非常に良く似ていると Web 上で指摘されています。実際に聴いてみると確かに良く似ていて、個人的には「パクリ過ぎだろ」という気もしますが、日本を代表するロックバンドも楽曲の良さを認めているということでしょう。

 

Bon Jovi の曲の中でも指折りの名曲なのに、名曲と認識されていないのが残念でなりません。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11993)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://aoc-translation.lomo.jp/modules/d3blog/tb.php/30
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。