□その他 : 課題ファイルの送受信方法(Mac)
投稿者 : ellersley 投稿日時: 2014/10/11 (782 ヒット)

翻訳課題の原文ファイルは、FTP サーバーという専用のファイル保管庫から各自にてダウンロードしていただきます。「FTP サーバー」などという専門用語が出てくると思わず身構えてしまう人もいるかもしれませんが、作業そのものは簡単ですので、心配は無用です。

 

ただ、Windows の Internet Explorer とは異なり、Safari には FTP 通信機能が備わっていませんので、残念ながら [課題文・答案の送受信] ボタンが使えません。

 

そのため、Cyberduck という専用の FTP ソフト(フリーウェア)を使用して答案提出サーバーにアクセスします。

 

まずは http://cyberduck.ch/ より、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

 

インストール完了後、Cyberduck を起動したら、ツールバーの一番左にある [新規接続] というボタンを押します (下図参照)。

 

 

次に示す [新規接続] ダイアログが表示されますので、一番上のリストボックスから [FTP (ファイル転送プロトコル)] を選択し、以降のフィールドに次の情報を入力してください。

 

 

サーバ: ftp.learner.lomo.jp
ポート: 21
ユーザ名:「受講登録依頼通知」に記載のユーザ名
パスワード:「受講登録依頼通知」に記載の パスワード
[Anonymous] チェックボックス: オフ

 

入力を終えたら、[接続] ボタンをクリックします。

 

下記のような [非セキュアな FTP 接続] ダイアログが出ることがありますが、[続ける] を押します。面倒でしたら、[次回から表示しない] チェックボックスをオンにすると良いでしょう。

 

 

答案提出サーバーとの接続が確立され、サーバーの中が表示されます (下図参照)。

 

 

課題をダウンロードするには、該当する課題のフォルダをクリックして、必要なファイルをローカルフォルダにドラッグ&ドロップします。サーバー内でファイルを開かないという点のみ注意してください。

 

逆に答案をサーバーにアップロードする場合には、答案ファイルをローカルフォルダからサーバー内の該当フォルダにドラッグ&ドロップします。

 

下図に示すように、自分のファイルがサーバー側のフォルダ内に存在するのが視覚的に確認できれば、提出は完了です。

 

 


以上の方法で FTP サーバーとのやりとりができるはずですが、パソコンの環境や設定はユーザーごとに千差万別ですので、上記以外のエラー現象が発生することも考えられます。そのような場合には、症状やエラーメッセージを詳しく明記して、授業後にご相談ください。

 

自ら Web サイトを構築した経験がないと、FTP プロトコルでのインターネットアクセスはあまりなじみがないかもしれませんが、翻訳実務では、大きなファイルの受け渡しに広く利用されています。実務の疑似体験と捉え、チャレンジしてみてください。
 


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

関連リンク

リンゴプロ翻訳サービス

リンゴプロ翻訳サービスは、中村が代表を務めている翻訳会社です。